Coolなマリンアクアリストを目指して日々奮闘!する様子はあまりないキクの、マイペースな海水魚飼育記録。アイコンはカエルアンコウのケロです、ぺこり。
by o_kiku_san
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
●2012年~
●カエルアンコウの飼育
●飼育日記
●45cm水槽立ち上げ記
●タンク紹介
おすすめショップリンク
東京都
【文京区】
ナチュラル

埼玉県
【八潮市】
B-BOX

横浜市
【都筑区】
カジカ
ライフログ
お世話になった一冊
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
45cmキューブ起動! <番外編・・・悲報>
かわいい姿を見せてくれていた、ハタタテハゼが次々と★になってしまいました。

生体を迎え入れるときは、温度あわせと水あわせは慎重に行っているし、
水質を計測してもアンモニア、亜硝酸、PHと問題なく、
お魚を迎え入れたばかりで硝酸塩が検出されるはずもなく・・・
そして他のお魚たちは一様に元気。
同じ海水を使ってる他のタンクも問題なし。

とくれば、何か他に原因が??

a0091195_19405796.jpga0091195_19412940.jpg

▲生前のハタタテたち。合掌(悲)。

実はこの水槽、30cmからヤドカリが移住してるんだけど
こいつがちょっと怪しいのです。
そのヤドカリとはスカーレット(レッドレッグ)ハーミット・クラブ。
その名の通り、鮮やかな赤い足がチャーミングな小型のヤドカリさんです。

a0091195_2356479.jpg

▲手持ち写真がなく、0014水族館さんのご好意で画像をお借りしました

以前30cmキューブでフタイロハナゴイの幼魚を飼育していたとき、
ハーミットがこの幼魚を襲った疑いがあったのです。

まるで刃物で切られたように、尾びれがシュパっとなくなっていたことがあり、
いつものショップに相談に行くと「ヤドカリかも知れませんね~」と
店長Mさんがおっしゃった。

「えぇ? あの小さいハサミで?」
シロートの私には理解し難いけど、カニやシャコが魚を襲うように
就寝中の小さな魚ならヤドカリも手を掛ける可能性があるそうだ。
しかも白点で調子を崩してた子だったのだ。

ハタタテもお腹のあたりに襲われた痕跡がある!
これはもしや?
(☆になった原因かどうかは不明ですが・・)

疑わしきは罰せず、は刑事裁判の原則ですが、
疑わしきを排除していかないと繰り返す恐れがあるので、今回
ハーミットさんを追放の刑に処することにしました。
といっても30cmに移すだけなんだけどね。

ハタタテさん達とは短い間だったけど・・楽しい時間をありがとう。(-∧-)




※その後、新たにアケボノハゼ3匹を迎え入れました。
縄張り意識が強いというアケボノ、同じくらいの大きさの2匹が小競り合ってしまうので隔離しようかと思ったものの、2~3日で決着がついたみたい。
ひと月経った今も元気です。

※30cmに戻ったハーミットさんも,他の魚たち(30cmには現在ミズタマ,キイロハゼ,ブラックオセラリス)と平和に暮らしてます。
[PR]

by o_kiku_san | 2006-12-10 19:03 | ●45cm水槽立ち上げ記
<< 45cmキューブ起動! <その... 45cmキューブ起動! <その... >>